横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

涙袋があると「優しそう」「可愛い」印象の目元になるということで、涙袋形成をする人が増えています。

 

でも、いざやろうと思った時にどこがいいのか迷いますよね?

 

そこで、横浜で涙袋形成、とくにお手軽なヒアルロン酸注入で涙袋ができる美容クリニックのおすすめを5院紹介しています。

 

  • 横浜で涙袋形成ができる美容クリニック5選
  • プチ整形による涙袋形成
  • 涙袋形成をする時の注意

 

他にもこれらの涙袋形成に関することを紹介しています。

 

横浜で涙袋形成ができる美容クリニック5選

湘南美容クリニック

横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

 

涙袋に使うヒアルロン酸は控え目に入れるなら0.1cc〜0.3ccです。

 

湘南美容クリニックなら0.3ccから安いヒアルロン酸を使えるのでとっても経済的ですね(普通は1.0cc単位が多い)

 

人気クリニックだけあって症例が豊富なので、「ドクターが慣れている」という点も見逃せませんよ。

 

涙袋整形の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 0.3t 18,000円〜

 

湘南美容クリニック 横浜院の詳細

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
【電話番号】 0120-548-998
【アクセス】 JR横浜駅西口 徒歩5分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

湘南美容クリニック 横浜東口院の詳細

横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル16F
【電話番号】 0120-955-799
【アクセス】 横浜駅東口直結
【診療時間】 9:00〜18:00

 

 

 

品川美容外科

横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

 

品川美容外科も料金が安いことで有名な美容クリニック。

 

涙袋形成に使うヒアルロン酸は2種類から選べて、持続期間が長い方だと61,000円(税別)になります。

 

当日入会できるBMC会員になれば表示料金からさらに20%〜30%割引になるのでお得です。

 

ヒアルロン酸注入の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 片側 41,660円〜

 

品川美容外科 横浜院の詳細

横浜市西区高島2-13-12 崎陽軒ビル ヨコハマジャスト3号館7F
【電話番号】 0120-449-700
【アクセス】 JR横浜駅東口から徒歩2分
【診療時間】 10:00〜20:00

 

 

 

 

 

聖心美容クリニック

横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

 

美容クリニック業界では珍しいISO認証を取得したクリニックで、機器や薬剤がすごく清潔に管理されています。

 

料金も比較的安く、ヒアルロン酸をたくさん使う場合は追加が特に安く、ほほや唇なども一緒に検討したくなりますね。

 

ヒアルロン酸注入の料金(税別)
ヒアルロン酸注入

1cc 65,000円〜
追加1cc 30,000円〜

 

聖心美容クリニック 横浜院の詳細

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F
【電話番号】 0120-911-935
【アクセス】 横浜駅西口(北口)から徒歩5分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

横浜中央クリニック

横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

 

女性皮膚科専門のドクターによる「メスを使わない美容皮膚科」も人気で、お肌の悩みも是非相談してみましょう。

 

ヒアルロン酸も安いものから選べますので、おすすめです。

 

ヒアルロン酸注入の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 50,000円

 

横浜中央クリニックの詳細

横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
【電話番号】 0120-072-545
【アクセス】 横浜駅西口より徒歩4分
【診療時間】 10:00〜20:00

 

 

 

 

エストクリニック

 

横浜で涙袋形成|お手軽ヒアルロン酸注入でできるおすすめクリニック5選

 

美容外科医歴25年以上の総院長が、カウンセリングからアフターケアまで責任を持って担当してくれるクリニックです。

 

アフターケアの費用は施術代に含まれているので、安心して術後のケアを受けられます。

 

ヒアルロン酸注入の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 0.1cc 20,000円

 

エストクリニック 横浜院の詳細

横浜市西区北幸1-5-5 小池ビル3F
【電話番号】 0120-327-550
【アクセス】 JR横浜駅西口より3分
【診療時間】 10:00〜20:00

 

 

プチ整形による涙袋形成

プチ整形と言えばヒアルロン酸注入と言っても過言ではないくらい、色々な部分の整形にヒアルロン酸は使われています。

 

他の施術に比べて低価格、ダウンタイムが要らないなどメリットも多く、涙袋形成でも主流の施術法です。

 

ヒアルロン酸注入のメリット

  • 施術時間が短い

 

施術時間は5分程度です。

 

  • メスを使わない

 

抜糸の必要がありませんし、腫れも起きにくいのでダウンタイムがいりません。

 

ヒアルロン酸は注射器を使って注入するため傷跡は注射針の跡だけなので、体への負担も少ないのが特徴です。

  • アレルギーが起こりにくい

 

ヒアルロン酸は人体に存在する成分なので、アレルギーの心配もほとんどありません。

 

  • 注入直後から普段通りの生活ができる

 

メスを使わないので傷跡も残らないし、抜糸の必要もないのでメイクや洗顔もいつも通りできます。

 

  • 修正ができる

 

ヒアルロン酸はしばらくすると体に吸収されて無くなってしまいます。

 

「仕上がりが気に入らない」「やってみたけど涙袋はない方が良い」と思ったとしても時間が経てば元に戻るということです。

 

もし今すぐ修正したいと思ったら、ヒアルロン酸溶解注射というもので分解吸収を早くすることもできます。

 

※ただし溶解注射に使われているヒアルロニダーゼという薬剤はアレルギーを起こす方もいるので注意が必要です。

 

ヒアルロン酸注入以外の涙袋形成

脂肪注入

ヒアルロン酸のように体に吸収されることがないため、何度も注入するのが面倒と感じる方には良い方法かもしれません。

 

ただし注入用の脂肪を自分のお腹から脂肪吸引で採取する必要があるので、採取費用が加算されて高額になってしまいます。

 

他にも少量の脂肪を均等に注入するのは高い技術が必要ですし、生着する脂肪の量の予測が難しいこともあり、凸凹ができやすい施術方法です。

 

修正のため脂肪を取り除くには切開手術しかありません。

 

プロテーゼ挿入

目頭と目尻を数ミリずつ切開して、涙袋用のシリコンプロテーゼを挿入し、糸で固定します。

 

外科的治療法

下まぶたの筋肉を目尻から引っ張り上げることで涙袋を強調する方法です。

 

同時に筋膜や脂肪を移植することで涙袋を強調することもできます。

 

抜糸までには1週間ほどかかります。

涙袋形成をする時の注意

目の下のたるみが酷くなった

目の下にたるみがある人は、ヒアルロン酸注入をして涙袋を作ろうとしても上手くいきません。

 

このたるみは目袋と呼ばれ、目玉の下にある脂肪が押し出されて前へ突出している状態です。

 

涙袋:

まつ毛の生え際付近の膨らみを涙袋と言います。
涙袋は無表情でも元々ある方と、笑ったときのみ出てくる方がいます。
目の下の目袋と言われる膨らみが強くなってくるとだんだん見えづらくなってきます。

 

目袋:
目の下の膨らみのことを目袋と言います。涙袋とは区別されます。
目袋は主に、眼窩脂肪という脂肪が前に出てきて作られていることが多いです。
その他、皮膚のゆるみでも目袋の状態になることもあります。

引用:目の下のクマ・たるみ治療検討お役立ちブログ 監修:プラストクリニック

 

目の下のたるみ・目袋が目立つ人は、まずこの部分の脂肪を取り除き、その後ヒアルロン酸注入をすることをお勧めします。

 

中には脂肪で埋もれていた涙袋が、脂肪切除をすることで自然に浮き上がってくる方もいるんですよ。

 

内出血が起きた

注入の時に注射針で血管を傷つけてしまうことがあります。

 

内出血はだいたい1週間くらいで消えるので、触りすぎないように注意しながら自然に治るのを待ちましょう。

 

よほどひどいものでなければメイクで隠すことが可能です。

 

マイクロカニューレという毛細血管を傷つけにくい針もありますので、気になる方は医師に相談してみてください。

 

施術後に変化がない

芸能人の真似をしてヒアルロン酸を入れすぎたため不自然な涙袋になってしまう方もいますが、逆に少なすぎて効果がないと言った方もいます。

 

しかし少なければ再注入して希望通りの大きさにすることは可能です。

 

むしろ最初から欲張って大量に注入してしまうより、控えめにしておくことを勧める医師も多くいます。

 

他にもヒアルロン酸の種類によっては思っていた効果が得られなかったというケースもあります。

 

医師の技術や知識が不足していた

注射器でヒアルロン酸を注入するだけならどんな医師がやっても同じ、と言うものではないんです。

 

技術や知識が不足した医師だと患者さんの希望に沿えないどころか重篤な事故にもつながります。

 

重要な血管にヒアルロン酸を注入してしまったことで血流が止まり、皮膚が壊死したり失明したという事故が起こっています。

 

クリニックの公式サイトには症例写真を掲載しているところが多くあります。

 

カウンセリングを受ける前に、どの医師がどんな施術をしたかの確認しておくといいでしょう。

page top